JAC 導入事例・お客様インタビュー

京都丹波 西村farm様

全国からの注文があり、在庫が少なくなり生産面積を増やす必要がある

京都にもこんなに美味しいお米があることを知ってもらいたい

御社の売っているものやサービスを教えてください。

米・丹波黒枝豆・丹波黒豆

弊社のサービスはいつ、どんなきっかけでお知りになり、導入することになりましたか?

御社より本farmのHPを御覧頂き、照会があってから。

どんな目的をもってはじめられましたか?

本farmは、お米をメインに栽培しているが、京都府産のお米はほとんどの他府県には 出回って無いことから、ヤマダ電機様とJAC様を通じ京都にもこんなに美味しいお米があることを世の中に更に知ってもらうため。
実際にJAC様のお力で全国に広がっているので感謝してます。

今後の御社の持たれている課題と、弊社サービスについての課題を教えていただけますでしょうか。

本farmの農法でのお米の栽培は、全国的にもほとんど生産されてない事から、生産量が少ないので、生産面積を増やしいきたい。売上が約300万以上ありますが、在庫数が更に確保できれば売上も更にあがると確信しております。

実際に導入して、どんな事が変わり、どんな形に変わっていきましたか?
また、今後どういった将来が期待できますか?

最初はほかの代行やサポートをしている会社よりも低コストでできると聞いて、本当にこの金額でどこまでやってくれるのか不安や心配もありましたが、実際にやってみるとわからないことなど親切丁寧に教えて下さり、ここまでやってもらえて全国からのかなりの注文があり、在庫が少なくなり生産面積を増やす必要がある。在庫を増やして、JAC様の力をかり1000万以上売れるようにしていきたい。ほんとにびっくりです。

弊社サービスについて、今後こうなったらいいな、など期待することはありますか?

現状満足しておりますので特にありません。
もっとたくさんの企業様、中小の方々でいい商品を持っている所にこのサービスを広めていきたいですね。